住のもの (すのもの)

地方都市でマイホームを購入し、家族の幸せを追い求めるブログ

暗い150プラドのルームランプをDIYで交換しました。交換方法を解説します。

プラドに乗っていて不満なのが、ルームランプが暗いということ。昔ながらのフィラメントが発光する電球が取り付けられています。ヘッドライトこそLEDになっていますが、ルームランプやウインカー、ナンバー灯などは電球のままなのです。

夜間に車内で何か物を落としたりすると、暗くてかなり探しづらい。不満を解消するべく、LEDのルームランプに交換することにしました。

DIYで交換しましたので、その方法を解説します。初めてでも簡単に交換できます。

 

 

 

 

プラドのルームランプについて

150系のプラド(TX、5人乗り)には、4つのルームランプがあります。

 

①運転席の上(フロントランプ)

 

②セカンドシートの上(センターランプ)

 

③ラゲッジルームの上(リアセンターランプ)

 

④サンバイザーの奥(バニティランプ)

 

それぞれの電球の形状は下記の通り。

①運転席の上:T10

②セカンドシートの上:T10×31

③ラゲッジルームの上:T10×31

④サンバイザーの奥:T10

 

実際についていた電球です。

T10

 

T10×31

 

 

今回取り付けたLEDランプは?

今回取り付けたのは、こちらのPIAAのもの。

 

純正形状のLED電球です。パネル状でたくさんの光源がついて、両面テープで貼り付けるタイプのものもあります。光量的には純正形状よりも断然明るく光りますが、明る過ぎるのもどうかな?と考え、純正の電球のままLED化できるものをチョイスしました。あまり明る過ぎるのも、周囲から丸見えで恥ずかしいですよね。

T10タイプのもので、70ルーメン。T10×31は100ルーメンです。めちゃくちゃ明るい訳ではありませんが、純正よりは十分明るくなります。

 

T10タイプ

 

【Amazon.co.jp 限定】PIAA ポジション用 LEDバルブ 6600K 高拡散120°LED 放熱樹脂ヒートシンク 12V・0.7W・70lm T10 車検対応 定電流回路内蔵 2個入 X7361 X7361

 

 

T10×31

 

Amazon PIAA ルーム/ラゲッジランプ用 LEDバルブ T10x31 / T8x29 6500K 100lm ECO-Lineシリーズ_車検対応 1個入 12V/1.4W 暗電流対応 HS105

 

 

プラドのルームランプをDIYで交換します。

では実際に電球を交換していきましょう。

 

交換に必要なもの

電球の交換には特殊な工具は必要ありません。下記の2つを準備しましょう。

・内張はがし

・ガムテープや養生テープ

必要なものはこれだけです。内張はがしは、こちらの商品を購入しました。エーモンのパネルはがしです。400円くらいで買えます。

Amazon エーモン(amon) パネルはがし 黄色樹脂製・2本組 全長約150mm・幅約15mm 厚さ5mm 1498

 

電球を交換するにはカバーを取り外す必要があります。隙間に平たい棒を突っ込んで、テコの原理で外します。マイナスドライバーみたいなものでも作業できますが、内装を片付けてしまう恐れがあります。プラスチック製の内張はがしが安心でしょう。

テープは何に使うのかというと、電球を引き抜くため。運転席上部にあるフロントランプは、非常に引き抜きにくい形状です。テープを使うと簡単に引き抜くことができます。

 

 

交換方法を紹介

では実際に電球を交換した様子をレポートします。場所ごとに解説します。

 

①運転席の上

ここは左右の2カ所を交換します。まずは右側から作業を開始しました。適当な隙間にぶっ刺してみたところ、手前のカバーが外れました。

 

この状態になると、一見クリアのカバーが外しやすく思えますが、実はそんなことはありません。奥側がガッチリハマっており、結構苦労しました。

 

奥に近いこのあたりの位置にパネルはずしを突き刺すと、簡単にカバーが外れました。ここが正解でしたね。

 

パネルを外してからが大変です。T10の電球は基本的に引っ張れば抜けます。しかし、奥まった位置にあるので、指で掴みにくい。素手で引き抜くのは不可能な感じです。

 

そこで登場するのがテープです。電球にテープを巻きつけて引っ張れば、簡単に抜けます。

 

LED電球を差し込みました。早速点灯してみます。白い丸がランプのスイッチ。カバーを押すと、このスイッチが押される仕組みです。

しかし、点灯しません。あれ?

LED電球はプラスマイナスの極性が合わないと点灯しません。つまり逆向きに刺さっているということ。もう一度テープを使って引き抜き、向きを変えて差し込みます。

 

無事点灯しました。左側も同じように交換しました。

 

②セカンドシートの上

運転席を降りて、セカンドシートに移ります。次にセンターランプを交換しましょう。

まずはカバーを外します。この辺りにパネルはがしを差し込むと、パカッと外れました。

 

矢印のところにうっすらと黒い穴が見えます。ここにカバーの爪がはまっています。この位置にパネルはがしを入れて、爪を外すイメージです。

 

センターは、このような形で電球が収まっています。我が家のプラドはTX。TX-Lだと2つソケットがあるようです。こんなところでも差別化されていますね。

 

この電球は簡単に取り外すことができます。金具に挟まっているだけ。それを指で広げることで、簡単に外れます。

 

LED電球を取り付けました。やはり点灯しません。ラグビーボール型のT10×31型でも、向きがあります。反対にしたら無事点灯しました。

 

③ラゲッジルーム

続いてラゲッジルームのランプも交換します。形状はセンターと同じなので、作業もまったく同じです。この辺りに差し込んだら、パカっと外れました。

 

ラゲッジルームの電球もセンターと同様に金具で挟まっているだけ。広げたら簡単に取れます。

 

カバーは元の位置で押し込めば簡単にはまります。

 

④サンバイザー

実際のところ、ここの電球は交換していません。だって使用頻度が低いから。バイザーについているミラーの扉を開けたら点灯します。そもそもここの鏡を見ることがありません。ほとんど光らせることがないのです。

 

ただ、カバーだけは外してみました。

ここは簡単に外れてくれます、

 

T10の電球です。フロントと違って、指で引っ張れそうですね。

 

 

ルームランプの交換はDIYで。夜の車内が明るくなりました!

こちらが交換前。昔ながらの豆球の色ですね。ムーディーで嫌いではありませんが、いかんせん暗いです。

交換後です。写真では分かりづらいですが、結構明るくなりました。LEDらしい白色の明かりです。

もっと明るい商品もありますが、車内で本を読んだりするわけではないので、個人的にちょうど良いくらいの明るさになりました

以上プラドのルームランプの交換方法を記事にしました。このように簡単に交換することができます。特別な道具だって必要ありません。

暗いプラドのルームランプ。交換してみて、やっぱり明るい方がいいなと実感しています。最初のカスタムとしてルームランプの交換はおすすめです。

 

訪問前に査定額を提示【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

 

amzn.to