住のもの (すのもの)

地方都市でマイホームを購入し、家族の幸せを追い求めるブログ

家にテレワーク用の仕事場を。IKEA イケアなら6,000円以下で揃えることができました。

f:id:mister19:20210503012805p:plain

「格安で家にオフィスを作るなら、やっぱりIKEAだ。」

テレワークで困ること。それは家に「仕事場」が無いこと。そう、デスクが無いのです。以前デスクトップPCを使用していた時には、デスクも家にありました。しかしPCをノートに変えてから、デスクは無用の長物と化し、部屋のスペースを圧迫することから廃棄してしまいました。

「困ったぞ。」

家で長時間ガッツリとPCで作業することはありませんでしたが、ダイニングテーブルがあれば十分でした。しかし、本格的にテレワークで作業をするとなると、やはりデスクとチェアが欲しくなるところ。

とは言え、ちょっと良いものをと思うと数万円もしますし、椅子なんて天井知らずです。テレワークなので、会社の仕事のため。しかし会社から購入費が補助される訳ではありませんから、なるべく費用は最低限に抑えたいところ。

やはりIKEAです。IKEAを利用すれば、格安でテレワーク環境を揃えることができました。見た目もオシャレですし、作りも結構しっかりしておりテレワーク用途には十分そうです。今後はここでテレワークです。

IKEAで格安で揃えた仕事場をご紹介します。

 

 

 

 

テレワークで困ったこと・・・仕事場が家に無い

テレワークが浸透し、家で仕事をする機会が増えました。一般的なサラリーマンなら、これまでは仕事をするならオフィスに出勤するのがあたりまえ。家は仕事を持ち込む場所ではなく、仕事を忘れる場所でありました。

ところが、状況は一変します。出社が制限されたことから、家で仕事をするしかありません。ここで困るのが「仕事場」が家には無いこと。そもそもデスクがありません。ダイニングテーブルでしばらく頑張ってきましたが、椅子がそもそも仕事用ではないので、長時間座っているとしんどくなってきます。それに誘惑が多い。高頻度で飲み物を入れたり、食べ物を探しにキッチンをウロウロしてしまいます。

また、テレワークだと会議はZOOMなどのオンラインになります。顧客との打ち合わせも、オンラインで実施することが多くなりました。

そうなると、カメラで撮られる背後の景色が気になります。ZOOMだと背景を隠すことも可能ですが。ダイニングだと、どうしても生活感が出てしまいます。別に誰も気にしないでしょうけど、なんだか恥ずかしいですよね。

そんなこんなで、ダイニングキッチンではない場所に、テレワークのスペースを設けることにしました。IKEAに赴いた次第です。

 

 

家に仕事場を作るためIKEAで購入したもの

大前提となるのが、コストをかけないこと。上でも書きましたが、会社から費用の補助が出る訳ではないので、なるべく出費は最小限にしたいところ。

IKEAもピンキリです。安い組み立て家具で有名なIKEAですが、価格の高いラインナップも備えています。反対に安いものはとことん安いです。今回は、その安い製品にフォーカスしたのでした。

 

デスク

まずはデスクから。天板や足を選んで組み合わせることができる製品を購入しました。天板と足は別々で購入します。足は1本売りなので、4本購入しました。といっても1本375円、4本で1,500円です。しっかりとした金属製なので、かなり安いと感じました。

 

デスク

LINNMON リンモン テーブルトップ 1,499円

ADILS オディリス 脚 375円×4本 1,500円

合計2,999円

 

f:id:mister19:20210503005607j:plain

なんと3,000円以下です。パッと見た感じ、3,000円には到底見えません。ガタガタするのかというと、足が4本取り付けられているので、本格的なデスクと比べれば多少グラグラはしますが、まったく使用する上で問題無い強度です。

LINNMONテーブルトップは、白、ダークグレー、木目(オーク調)から選択ができます。大きさは100mm×60mm。奥行きが結構あるので、書類を置くスペースがあります。

また、LAGKAPTEN ラグカプテンというシリーズも選択できます。そして、ANFALLARE アンファラレは竹製のテーブルトップです。

脚は黒と白から選ぶことができます。今回は黒を購入しました。ダークグレーのテーブルトップと、黒の脚の組み合わせ。都会的?なイメージでしょうか。

ADILISオディリスの他、伸縮式のOLOV オーロヴや無垢材や竹製のもの、キャスター付き、キャビネットなどを組み合わせることが可能です。

もっともシンプルな組み合わせで購入しましたが、用途に合わせて色々組み合わせるのも楽しいですね。

IKEA イケアの組み合わせテーブルシステムを購入。組み立てとレビュー。 LINNMON リンモン / ADILS オディリス - 住のもの (すのもの)

 

チェア

デスクは格安で購入することができました。まあ、デスクは安くても問題無いのです。どちらかというと、仕事中に体を預けることになるチェアが重要です。

IKEAのラインナップは、チェアもピンキリ。高いものだと、数万円のものも。ただ、本格的なオフィスチェアってかなり高いものがありますし、それを考慮すると数万円でもリーズナブルと言えそうです。

今回購入したのは、やはりピンのほう。IKEAのオフィスチェアの中でも、かなり安い部類。なんと、こちらも3,000円以下です。

 

チェア
TOBELGET トーベルゲット 2,999円

 

f:id:mister19:20210503005521j:plain

長時間座ることになる椅子。あまり安いものだと、しんどくなって仕事どころじゃなくなるのではと心配になります。

もちろんお店で実際に座ってみました。高い椅子になると、クッションも厚めになり座り心地もかなり良くなります。背もたれにもたれると同時に、座面がスライドするものも。

この安い椅子にはもちろんそんな機能はありませんし、必要最小限のものだけです。座面のクッションも薄めなので、長時間座るとお尻が痛くなりそう。背もたれにはクッションはなく、アミがかけられているだけです。

ただ、コストと座り心地を天秤にかけながら色々な椅子を試してみて、最終的にこの椅子が候補となりました。値段の割に、まあまあな座り心地です。座面の薄さは、別のクッションを敷くことで解決できそうです。

3,000円以下で、これだけの椅子が購入できるのは、かなりすごいことなのではと思ってしまいます。

 

デスクスタンドも追加で購入

デスクとチェアで一応はテレワークができるようになりました。

しかし、あまり使う部屋ではないので、あり合わせの照明で間に合わせています。電球1個のみのペンダントライト。いかんせん部屋が暗いです。デスクにもライトが必要。

そこでまたIKEAです。

こんないい感じのライトがありました。写真では光の加減でゴールドに見えますが、実際はシルバーに輝いています。公式では「ニッケルメッキ」です。

なんと価格は、2,999円でした。

値段が値段なのでプラスチックで安っぽいかと思いきや、金属製で作りもしっかりしており、決して3,000円で購入できる商品には見えません。

電球は一般的なE17口金のLED電球が使用可能です。

f:id:mister19:20210506221742j:plain

 

 

まとめ

IKEAはヤバいです。安いですね。格安でテレワークの環境を揃えることができました。あとは、部屋がちょっと暗いので、照明が欲しいところ。IKEAに良さそうなワークランプがありますので、ちょっと見に行ってみたいと思います。

IKEAは北欧の企業ということもあって、デザインがいい感じです。安い家具にありがちな野暮ったいデザインでないところが魅力的です。

急遽必要になった家で仕事をする環境。多くのサラリーマン家庭で、同様の問題が発生したのではないでしょうか。そんな時、IKEAは力強い味方になってくれたのでした。