住のもの (すのもの)

地方都市でマイホームを購入し、家族の幸せを追い求めるブログ



車の購入。事前に確認しておくべきことは?活用シーン、予算、サイズ感などを確認しました。

f:id:mister19:20200706211836j:plain

最近車を買い替えました。買い替えにあたって色々考えることがありました。

車を買う時って雑誌を見たり、ネットで検索したり、YouTube見たりと時間をかけて色々考えますよね。街中で見かけた車がカッコよくて衝動買いしてしまうこともあるでしょうが、車って安くない買い物ですし、一度購入すると数年は乗り続けることになります。下手な買い物をすると後悔すること大ですし、長年不満を抱えたまま乗り続けることになります。

では、車を購入するときに前もって何を考えておくべきなのか。せっかく高いお金を出して購入する車ですから、長年幸せに乗りたいものです。自分自身の好みも大切でしょうし、家族の使い勝手も重要な要素でしょう。

買ってから後悔しないよう、購入前に何を確認しておくべきなのでしょうか。考えてみました。

 

 

 

活用シーン

 

家族で車に乗って旅行に行くのなら、荷室の広い車が必要です。キャンプなんかするのならなおさらですね。荷室の広さは、車選びにおいて自分が失敗したパターンです。買い替え前はミニのクラブマンというステーションワゴンのような形の車に乗っていましたが、大きさとしてはフォルクスワーゲンゴルフと同じくらいです。なので荷室が広そうな形をしていますが、後席を立てた状態で360Lしかありません。ゴルフ7が380Lですので、ゴルフよりも容量が少ないのです。

結婚前に十分だろうと考えて購入したのですが、実際に家族と旅行やキャンプに行くようになると全然荷室の大きさが足りないことが分かりました。想定が甘かったですね。車は大変気に入っていたのですが、泣く泣く買い替えです。

ある程度長い旅行やキャンプでの使用を想定しているのであれば、荷室容量は500L以上は必要でしょう。

逆に子供も独立し、普段の買い物くらいしか使用しないのであれば、軽自動車やコンパクトカーで十分です。ミニバンなんかだと持て余してしまいそうですし、余分な維持費がかかります。もし人をたくさん乗せることがあるといっても、そんな機会が1年に2度3度程度であるならば、そのために大きな車は必要ないでしょう。そんなときはレンタカーを利用できますし、誰かにもう一台出してもらえばいいのです。

将来のことってなかなか想定するのは難しいと思いますが、どんなことに使うのか、または使いそうなのか考えてみましょう。子供がまだ小さいのなら、家族でお出かけする機会はこれから何度もありますので、少し荷物が多くなっても対応できるよう、大は小を兼ねるで大きめの車を選んでおくのも手ですね。

 

予算

 

一括で購入するのであればあまり関係ないですが、ローンで購入するのであれば毎月の支払い額を無理しない範囲で決めましょう。これくらいなら支払い可能という月々の支払い額を決めた上で、購入可能な車を選んでもいいと思います。

毎月の支払い額の上限が決まれば、必然的にローンの借入額が決まって購入可能な車の予算が見えてきます。頭金を入れないのであれば、乗り出し価格がローンの借入額になりますね。乗り出し価格は、車両本体価格にオプションや諸費用を加えた総支払い額に対して、値引きや下取価格を引いた価格となります。

車両本体価格だけでなく、オプションの価格も考えなければなりません。ナビやETCなんか標準で装着しといてくれたらいいのですが、オプションなんですよね。オプションのパンフレットを見てると、色々つけたくなりますがいかんせんめちゃ高いです。なんでフロアマットが数万円もするの?って感じですね。たくさん選択すると価格が跳ね上がります。予算があればいいのですが、妥協が必要です。遠慮せずに何度か見積もりを出してもらってシミュレーションしてみましょう。

あと、重要なことですが、値引きや下取価格のアップでなるべくローン借入額を減らせるよう交渉してください。是非値引きを頑張ってください。最終的な段階では、ちょっと上司と相談してきますと言って奥へ引っ込みますが、ほんまに交渉してるんかいなって思いますよね。お茶飲んでるだけちゃうんかと。家電量販店でも同じ情景を見ることができますね。

ただ、モデルチェンジ直後は値引きできたとしても数万円程度でしょう。かなり渋いと思います。その反面、モデルチェンジ前は狙い目です。早く売ってしまいたいので、結構値引きを頑張ってくれます。ランドクルーザープラドに目をつけたのも、モデルチェンジ前で値引きが狙えそうであるというのも理由の一つです。

 

サイズ

 

小さい車なら問題になることはないでしょうけど、大きいサイズの車を購入する際によく確認しておく必要があります。

特にマンションの駐車場。マンションによっては、サイズの上限が決められていることがあります。なのでそもそも欲しい車が買えない恐れもあります。機械式の駐車場を採用しているマンションであれば特にそうですね。かならず事前に管理規約や管理組合の議事録を確認しておきましょう。購入当初はサイズの規定が無くても、後々管理組合の総会で決められているかもしれません。自分も購入契約の前に一通り目を通しておきました。

平面駐車場などで特にサイズの規定がない場合でも、大きい車だと左右の邪魔にならないか気を使ってしまいます。左右もすでに大きい車がとまっているのあれば、乗降するためのスペースがかなり狭くなってしまうかもしれません。お隣さんに迷惑がかかります。

今回はランドクルーザープラドを購入しましたが、決して小さくない車です。横幅が1885mmもありますので、左右の車に迷惑がかからないかが心配でした。試乗の際にお願いして、自宅まで乗って帰り、駐車場に止めさせてもらいました。左右のスペースはどうでしょう。確かに車が大きいので圧迫感があります。ただ、スペース的には乗り降りするのに十分であることが分かりましたので購入を決めました。

 

維持費

 

ガソリン代や税金、保険、駐車場代など車を所有すると様々な費用がかかり、お財布からお金が流出していきます。

軽油だと燃料代が安く済みますね。それにディーゼルエンジンは、同じ車種のガソリンエンジン車に比べて燃費が良いです。ランドクルーザープラドの場合は、ガソリンだとリッター9kmしか走りませんが、ディーゼルだと11.8kmまで伸びます。燃料の種類や燃費はよく確認しておきましょう。

また、排気量が大きい車を選ぶと、毎年の自動車税が上がります。ちなみにプラドのお兄さんにあたるランドクルーザーは、排気量が4.6Lもあります。自動車税も年間88,000円と大変高額になります。プラドは2.8Lで、51,000円です。結構違いますね。

保険も毎年お金がかかりますね。若い人であれば等級が低くかなり保険料が高額になります。

新車だと車両保険に加入される方も多いでしょう。盗難の多い車だと料率が高くなり、保険料がかなり高くなります。ランドクルーザーなんかは、かなり盗難の多い車種ですので車両保険も高額になります。

20代で初めて新車を購入した際に加入した自動車保険は、年間20万円くらいしたのを覚えています。初めて自動車保険に自分の名義で加入しました。それに比較的盗難の多い車でしたので車両保険にも入りました。当初見積もりをした保険会社からは40万円という目玉の飛び出るような金額が提示されました。そんな金額払えんと色々見積りをしてみたところ、全労済のマイカー共済であれば安くなることが分かりました。と言っても前出の通り年間20万円です。いやー高かったですね。

 

リセールバリュー

 

好きで長く乗るつもりであるなら、あまり考慮しなくても良いかもしれませんが、不動産と同じで後々高く売れるというのは、色々な場面において有利になります。

何かしらの理由により売却せざるを得ない場面ってあり得ないとも言えないですし、もう車は乗らないから売ろうと思っても、なるべく高く売れた方がお得です。

特に買い替えがしやすくなりますよね。今回ランドクルーザープラドの購入に踏み切ったのも、値引きもそうですがミニクラブマンの下取りを結構頑張ってくれましたので、乗り出し価格をかなり抑えることができたからです。総額480万くらいになりましたが、そこから値引きと下取りを引くと乗り出し価格が250万円くらいまで下がりました。ここまで下がると何とか買えてしまいますよね。周りからは金持ってんなーと揶揄されるのですが、実際乗り出し価格はそこまで高くないのです。

車を乗り潰すのもいいですが、買い替えも将来的に検討するのならリセールバリューはある程度考慮に入れても損はないでしょう。とは言ってもそれが理由で好きな車に乗れないのも問題ではありますが。

 

本当に好きか ワクワクするか

 

これが一番大事かもしれません。好きな車に乗らないと幸せになれないでしょう。上で色々と確認すべき条件をあげてきましたが、好きかどうかという条件より勝るものはないと思います。

今回ランドクルーザープラドの購入を決めましたが、小さな子供がいるのでスライドドアを備えたミニバンのほうが断然便利です。荷物もたくさん乗りますので、どちらかと言うとミニバンの方が我が家の活用シーンに合っているでしょう。予算だって少なく済みますし、維持費もミニバンのほうが安上がりでしょう。

しかし車って実用面だけではなく、感情も選ぶのに重要な要素です。車の雑誌っていろんなのが出版されていますが、そこに書かれているレヴューって実用性はもちろんのこと、感情というか官能というかその車が訴えかけてくる目に見えない部分についても述べられています。

プラドが気に入ったのは、あのスタイルですね。やっぱりカッコいいじゃないですか。それに昔からああいうクロカン四駆に憧れがあり、いつかは乗ってみたいと思っていたのですが、そのいつかが突然やってきたのでした。

幸せに長く付き合っていくには、好きという感情がもっとも重要なのです。多少の不便さを受け入れてでも。

 

まとめ

 

以上車の購入を検討する際に確認すべきことをまとめてみました。

活用シーンや予算、維持費などをあげてきましたが、結局は好きな車に乗れ!ということに落ち着きました。ただ好きだからといっても家族がいるのに2シーターのスポーツカーにする訳にはいかないでしょうから、色々な条件を考慮したうえで幸せになれそうな車を選ばなければなりません。まあその選ぶ作業が楽しいのですね。

それに家族がいると、自分一人だけでは決められません。上に書いたのはあくまでも車好きである自分の意見であり、それほど車に対して興味がない人だともっと実用性に重きを置いた車選びになるでしょう。

我が家も奥さんは車のことはまったく分からないのですが、ミニバンはあまり好きじゃないという考えを持っていました。それならあれはどう?とちょうど見かけたプラドを指差したところ「いいじゃん」となって、むちゃくちゃすんなりと次の車が決まってしまいました。えっいいの?って感じです。まあこれはレアケースでしょう。よその家のことは良く分かりませんが、もっと揉めているのではないかと想像します。

とにかく欲しい車を反対されているなら、お互いの妥協点を探っていきましょう。